Fujisawa Net Museum

映像ギャラリー

西富(にしとみ)日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)百万遍念仏(ひゃくまんべんねんぶつ)

百万遍念仏(ひゃくまんべんねんぶつ)とは、各種(かくしゅ)祈祷(きとう)目的(もくてき)として念仏(ねんぶつ)(ひゃく)(まん)(かい)数多(かずおお)()(かえ)し)(とな)える行事(ぎょうじ)です。西富(にしとみ)地蔵院(じぞういん)藤沢市西富(ふじさわしにしとみ)一丁目(いっちょうめ) 6 。(きゅう)西村(にしむら)地蔵堂(じぞうどう))には日限(ひぎり)地蔵(じぞう)()ばれる地蔵尊(じぞうそん)安置(あんち)されていて、毎年(まいとし)2(がつ)地域(ちいき)方々(かたがた)によって、(なが)さ 17 メートルの(だい)数珠(じゅず)使用(しよう)した百万遍念仏(ひゃくまんべんねんぶつ)(こう)(ひら)かれています。
使用(しよう)される(だい)数珠(じゅず)には天保(てんぽう) 8 (ねん)( 1837 (ねん)(とう)(めい)()られ、(かく)数珠玉(じゅずだま)には近隣(きんりん)住民(じゅうみん)江戸時代(えどじだい)()(きざ)まれているなど、この行事(ぎょうじ)江戸時代(えどじだい)から(つづ)けられていたことを物語(ものがた)っています。(平成(へいせい) 27 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 6 (ふん)

藤沢(ふじさわ)野鍛冶(のかじ)

都市化(としか)(すす)藤沢市内(ふじさわしない)では、(むかし)ながらに(てつ)農具(のうぐ)(つく)鍛冶屋(かじや)さんが1(けん)だけになってしまいました。そこで、もと鍛冶屋(かじや)さんにお(ねが)いして、手作業(てさぎょう)農具(のうぐ)(つく)っていた(ころ)仕事(しごと)様子(ようす)再現(さいげん)していただき、記録(きろく)フィルムに(おさ)めることにしました。材料(ざいりょう)(てつ)…といっても、さまざまな性質(せいしつ)のものがあり、素人(しろうと)にはなかなか理解(りかい)することが(むずか)しい問題(もんだい)もあるのですが、「軟鉄(なんてつ)」と(はがね)2種類(にしゅるい)(てつ)駆使(くし)して、さまざまな道具(どうぐ)()()します。(昭和(しょうわ) 63 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 23 (ふん)

桶屋(おけや)のしごと

近年(きんねん)では桶屋(おけや)さんもあまり()かけなくなってしまいましたが、(ちい)さな()(いた)(まる)(なら)べて、たがで()めた(うつわ)である(おけ)は、いったいどのようにして(つく)られていたのでしょうか?
この作品(さくひん)では、辻堂(つじどう)桶屋(おけや)さんに(おけ)(づく)りの様子(ようす)再現(さいげん)してもらいました。作品(さくひん)(なか)(つく)って(いただ)いたのは、すし(めし)(だい)手桶(ておけ)です。サワラの()()()せ、(ちい)さく()って材料(ざいりょう)()り、(おお)まかな(かたち)(ととの)えて、充分(じゅうぶん)乾燥(かんそう)させた(のち)製作(せいさく)()()かります。職人(しょくにん)さんの(あし)器用(きよう)さとともに、設計図(せっけいず)()しに、(みず)()らさない円形(えんけい)()容器(ようき)ができあがるのが、不思議(ふしぎ)とは(おも)いませんか?(平成(へいせい) 2 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 30 (ふん)


地引(じび)(あみ) 鵠沼(くげぬま)辻堂(つじどう)

鵠沼(くげぬま)辻堂地区(つじどう)で、(ふる)くから地引(じび)(あみ)操業(そうぎょう)してきた網元(あみもと)さんたちにお(ねが)いして、むかしの道具(どうぐ)納屋(なや)から()()()して、(すな)(うず)もれた木造(もくぞう)(せん)()()して、機械(きかい)()される以前(いぜん)地引(じび)(あみ)操業(そうぎょう)のようすを再現(さいげん)しました。(平成(へいせい) 2 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 25 (ふん)

藤沢(ふじさわ)北部(ほくぶ)のお花祭(はなまつ)

仏教(ぶっきょう)寺院(じいん)では 4 (つき) 8 (にち)灌仏会(かんぶつえ)(かんぶつえ)として、お釈迦様(しゃかさま)誕生(たんじょう)をお(いわ)いします。また、この()はふるくから先祖(せんぞ)をまつる()(かんが)えられ、「卯月八日(うづきようか)(うづきようか)」といって花立(はなた)行事(ぎょうじ)などが(おこな)われたこともあり、ひろく「花祭(はなまつ)り」と()ばれています。
(はる)(ざか)りに、さまざまな(はな)開花(かいか)するこの時期(じき)は、農業(のうぎょう)開始(かいし)時期(じき)にもあたり、たんにお釈迦様(しゃかさま)誕生祝(たんじょういわ)いに(かぎ)らない行事(ぎょうじ)が、かつてはあったことでしょう。現代(げんだい)では、お(てら)によってさまざまですが、地域(ちいき)人々(ひとびと)()(かん)じさせる(たの)しい行事(ぎょうじ)(おこな)われています。(平成(へいせい) 27 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 6 (ぷん)


大庭(おおば)台谷(だいやと)地区(ちく)稲荷(いなり)(こう)

ふるくから、地縁(ちえん)近隣(きんりん)組織(そしき))や職業(しょくぎょう)(どう)じくする家々(いえいえ)による(あつ)まりは「(こう)(こう)」とか「講中(こうじゅう)(こうじゅう)」とよばれ、神仏(しんぶつ)のまつりを(つう)じて活動(かつどう)していました。そのため、「(こう)」といえば、お(まつり)そのものをさすこともあります。
大庭(おおば)台谷(だいやと)(だいやと)地区(ちく)稲荷(いなり)(こう)は、農業(のうぎょう)(かみ)として稲荷神社(いなりじんじゃ)をおまつりし、農作業(のうさぎょう)などを(とも)にしてきた家々(いえいえ)(あつ)まりです。 2 (つき)最初(さいしょ)(うま)()は「初午(はつうま)(はつうま)」とよばれる稲荷神社(いなりじんじゃ)祭日(さいじつ)です。台谷(だいや)()では2月(にがつ)上旬(じょうじゅん)にみんなで稲荷神社(いなりじんじゃ)清掃(せいそう)作業(さぎょう)をして、小豆(あずき)(めし)油揚(あぶらあ)げなどのお(そな)えをして、宿(やど)(やど=当番(とうばん)(いえ))でごちそうを()べます。(むかし)は、農作業(のうさぎょう)家々(いえいえ)協力(きょうりょく)して(おこな)わなければならないことが(おお)かったので、稲荷(いなり)(こう)(せき)ではさまざまな相談(そうだん)(ごと)がされたことでしょう。(平成(へいせい) 27 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 6 (ぷん)

藤沢(ふじさわ)地区(ちく)凧揚(たこあ)

東京(とうきょう)あたりでは、凧揚(たこあ)げは正月(しょうがつ)行事(ぎょうじ)(かんが)えられていましたが、かつて藤沢(ふじさわ)では 5 (つき)節供(せっく)に、こどもの(はつ)誕生祝(たんじょういわ)いに(おく)られた(だい)(たこ)()げる凧揚(たこあ)げが(さか)んに(おこな)われていました。
5月(ごがつ)節供(せっく)凧揚(たこあ)げは、藤沢(ふじさわ)から西(にし)東海地方(とうかいちほう)まで(ふく)地域(ちいき)でおこなわれた年中行事(ねんちゅうぎょうじ)でした。
(たこ)()どもの成長(せいちょう)商売繁盛(しょうばいはんじょう)などを祈念(きねん)して(つく)られます。
現代(げんだい)でも(つよ)(かぜ)()きやすい 5 (つき)端午(たんご)節供(せっく)時期(じき)でもあり、市内(しない)各所(かくしょ)凧揚(たこあ)げが(おこな)われています。凧揚(たこあ)げには(ひろ)空間(くうかん)必要(ひつよう)となりますので、田植(たう)えが(はじ)まる(まえ)のこの時期(じき)()んぼが絶好(ぜっこう)会場(かいじょう)となります。相州(そうしゅう)藤澤(ふじさわ)(だこ)保存会(ほぞんかい)では、(ふる)くからの伝統(でんとう)()やさぬようにと、毎年(まいとし)のように凧揚(たこあ)大会(たいかい)開催(かいさい)しています。 (平成(へいせい) 27 年度(ねんど)作品(さくひん)/6 (ぷん)

()(しま)天王祭(てんのうさい)

()(しま)天王祭(てんのうさい)(てんのうさい)は、江島神社(えのしまじんじゃ)境内社(けいだいしゃ)(けいだいしゃ)である八坂神社(やさかじんじゃ)(やさかじんじゃ)の祭礼(さいれい)です。毎年(まいとし) 7 (がつ) 14 (にち)(ちか)土日(どにち)(おこな)われています。()(しま)八坂神社(やさかじんじゃ)御神体(ごしんたい)は、もとは対岸(たいがん)腰越(こしごえ)小動(こゆるぎ)(こゆるぎ)神社(じんじゃ)御神体(ごしんたい)でした。ある(とき)(あらし)(なが)され海底(かいてい)(しず)んでいたところ、()(しま)大海(だいかい)()(ダイカイシ:(おとこ)潜水(せんすい)漁師(りょうし))が(ひろ)()げたという(つた)えがあります。(まつ)りでは、御神輿(おみこし)(うみ)(はい)り、言い伝(いいつた)えを再現(さいげん)します。腰越(こしごえ)神社(じんじゃ)から(むか)えが()て、 2 ()御神輿(おみこし)(なら)んで腰越(こしごえ)(まち)()(ある)く、()きあい(さい)となっていることも特徴(とくちょう)です。さらに、天王祭(てんのうさい)のお囃子(はやし)は、チャルメラや三味線(しゃみせん)、つづみなどが(くわ)わった、全国的(ぜんこくてき)にも特異(とくい)なお囃子(はやし)として有名(ゆうめい)です。(平成(へいせい) 27 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 6 (ふん)

片瀬(かたせ)こま

大正時代(たいしょうじだい)片瀬(かたせ)()んだ木工(もっこう)職人(しょくにん)(ロクロ職人(しょくにん))が、()どもたちのために(つく)ったこまが、湘南(しょうなん)地域(ちいき)(さか)んだった(あそ)(かた)のケンカゴマにめっぽう(つよ)くて評判(ひょうばん)となり、片瀬(かたせ)ごまと()ばれるようになったようです。(とき)(うつ)り、第二次大戦後(だいにじたいせんご)片瀬(かたせ)()んでいて、()ども()きで手先(てさき)器用(きよう)熊野(くまの)さんが、()よう()まねで自分(じぶん)(あそ)んだことがある片瀬(かたせ)ごまを復興(ふっこう)して、ふたたび地域(ちいき)()どもたちのあこがれの(まと)になりました。今日(きょう)では、熊野(くまの)さんの息子(むすこ)さんが周囲(しゅうい)(こえ)背中(せなか)()されて、片瀬(かたせ)ごまを(つく)ってくれるようになり、こま()きの大人(おとな)(あつ)まって、こまの(かい)(つく)子供(こども)(くわ)わって(さか)んになりつつあります。(平成(へいせい) 27 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 6 (ぷん)

龍口(たつのくち)法難(ほうなん)()

片瀬(かたせ)龍口寺(りゅうこうじ)(りゅうこうじ)は、むかし、鎌倉幕府(かまくらばくふ)にとらえられた日蓮(にちれん)聖人(せいじん)が、(くび)()られそうになったところ、不思議(ふしぎ)(ひかり)()して死刑(しけい)(まぬか)れた奇跡(きせき)場所(ばしょ)です。 9 (がつ)の11/12/ 13 (にち)は、関東(かんとう)東海(とうかい)あたりの信徒(しんと)(あつ)まり、たいへんにぎやかなお会式(えしき)(おこな)われます。勇壮(ゆうそう)なまとい()りや(はな)やかな万灯(まんどう)次々(つぎつぎ)参道(さんどう)()ぎて、龍口寺(りゅうこうじ)境内(けいだい)(おど)()んでいきます。露天(ろてん)(おお)(だし)て、夜遅(よるおそ)くまで人通(ひとどお)りが()えません。(平成(へいせい) 27 年度(ねんど)作品(さくひん)/ 6 (ふん)

Page Top